やりたかったことをサッサとやりなさい (株式会社スマートチェンジ)

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】YouTubeが教えてくれること

      2017/07/18


 

こんにちは!小山です。

 

今更ですが、私、最近YouTubeをよく見ます。

 

と言っても、仕事中に流しているだけですが、、、。

 

内容は、昔の歌手やタレントの映像、特に音楽はジャズやポップス、クラシックまで様々です。

 

同じ歌手の歌が若い時から晩年まで次々出てきたり、同じ曲を様々な演奏者で聴き比べたりできたりして、飽きることがありません。

 

これはスゴイことですね、YouTubeができるまでは考えられなかったことです。

 

昔はレコード(CD?)一枚買うのにも「あれか、これか」と随分悩んだものですが;;;、今はその必要はありません。

 

で、そうやって色々見ているとね、ふと頭をよぎることがあるのですよ。

 

・この人、こんなに若々しくて素敵なのに、もう随分前に亡くなったんだよな

 

とか、

 

・この人、昔は売れてたけど、最近はすっかり老け込んだなあ

 

とか

 

・この人、しわくちゃのおばあさんだと思ってたけど、若い時はメチャクチャ美人じゃん

 

とか

 

・「まだまだやれる」という時に亡くなって、もったいないなあ

 

とか、、、

 

そして、人生の短さと儚さを思うわけです。

 

 

「人は皆、年をとって、そして死ぬ」

 

これだけは避けられない現実です。

 

もちろん、寿命がどんどん伸びていますから、その分、元気に暮らせる時間は長くなっています。

 

しかし、平均寿命が延びても、やはり年老いていくことは変わりないし、やがて人生が終わることも間違いないわけです。

 

そもそも、平均が伸びたって、自分の人生は明日終わるかもしれません。

 

誰の人生にも盛りの時期があり、下りの時期がある、ということを、この映像の宝庫は教えてくれるのですね。

 

ちょっと苦い気づきです。。。

 

そして改めて思うんですよ、人生は短い、とね。

 

人が輝ける時間は限られていて、仮に100歳まで生きたとしても、残りわずか数十年しかありません。

 

ダラダラ生きても年をとるし、精一杯頑張っても、やがて衰えていくわけです。

 

どうせなら、何かに真剣に取り組む時間を過ごしたいですよね。

 

仕事とは限らないのですよ。なんにせよ、命を輝かせるような時間を積み重ねて行った先に、後悔しない人生があるのだと思います。

 

非凡な才能に恵まれた人たちの映像を見て、改めて気づいたことでした。

 

私たちはもっと自分の「残り時間」に対して敏感になるべきなのかもしれません。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る