やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】売れるものしか売れない 

      2017/02/09


 

こんにちは!小山です。

 

「売れる強み」について、前回書きました。

 

今日もこの話を。。。

 

強みの中でも「売れる」ものを見つけたい、というニーズがあるわけです。

 

特にこれから起業する方は、どうしてもそれを知りたいと思うのですね。

 

で、ここではっきりさせておきたいことがあります。

 

すべてのビジネスの本質と言っても良いものです。

 

いいですか?

 

よく聞いてくださいよ。

 

それは、、、

 

=============

売れるものしか、売れない

=============

 

ということです。

 

あたりまえじゃん、と思いましたか?

 

あるいは、ピンと来なかったかもしれません。

 

表現を変えると、

 

=============

お客さんは、欲しいものしか買わない

=============

 

ということです。

 

こっちが「売りたい」ということと、お客さんが「欲しい」ということは、全く関係がありません。

 

完全に別物です。

 

ここをクールに割り切れるかどうか、なんですね。

 

つまり、、、

 

私には

 

・こんな強み、スキル、知識がある。
・こんなすごい経験をしてきた。

 

だから、ぜひこれを世間の人に伝えたい。

 

これを通じて世界に貢献したい!

 

と、思っていても、相手が欲しがらなければ意味がないのです;;;。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

答えは、、

 

 

「他者の声を聞く」

 

ということです。

 

・なぜか、〇〇をいつも褒められる
・XXについて、よく相談される
・自分は意識してないのに、なぜかメッチャ感謝される
・なぜかわからないけど、FBでたくさんいいね!がつく時がある

 

ここは、盲点になりやすいのです。

 

普段自分が意識をしていなことが多いからです。

 

だから、欲しがる人がいてもスルーしてしまいがちです。

 

あるいは、「そんなのに価値はありません」と断固拒否(汗)

 

こうやって書くと当たり前に思うかもしれませんか、このパターンでチャンスを逃す人が大勢います。

 

それぐらい人は自分の強みに関してわかっていないのですね。

 

もちろんこれには、もっともな理由があります。

 

特に日本人の場合、ダメなところを指摘して改善させようという意図が働きます。

 

親も、教師も、上司もみんなそうです。

 

だからみんな、ネガティブなフィードバックは散々受けているのです。

 

たまに褒められると、ご機嫌を取っているのだと思ってしまうのですね(汗)

 

これが「売れる強み」をますます見つけにくくしている大きな要因です。

 

自分自身を掘り下げると同時に、あるいはそれ以上の繊細さで、他の人からのポジティブなフィードバックを拾ってください。

 

きっとそこにヒントがあるはずです。

 

最近あなたは、どんなことを褒められましたか?

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る